本文へ移動

BLOG

 光システムでは、太陽光や風力発電、O&Mや再生可能エネルギー全般についての内容をブログにしております。
内容は秋田県内(秋田市内)に限らず、数多くの内容を盛り込んでいきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。
RSS(別ウィンドウで開きます) 

令和3年度(2021年度)の買取価格と賦課金単価

2021-03-29
カテゴリ:再生可能エネルギー,太陽光発電,固定価格買取制度
令和3年度の個体価格買取制度における価格、および再エネ賦課金の単価が決定しました。

価格については以前ここでお知らせしたとおりですが、賦課金単価はついに3円/kWhを突破しました。

具体的には 3.36円/kwh

となりました。

詳しくは下記のページをご覧ください。


賦課金の上昇は電気料金の上昇に直結しますので、なるべく電気を購入しない試みが必要になってきます。
太陽光発電の出番です。

令和3年度以降の買取価格について

2021-01-26
カテゴリ:再生可能エネルギー,太陽光発電,風力発電,バイオマス発電,ソーラーシェアリング,固定価格買取制度
来年度(令和3年度)の固定価格買取制度の買取価格について、委員長案が提示されました。

例年この案をもとに来年度の価格が了承される予定です。

具体的には

太陽光発電
10kWh未満 19円/kwh
10kWh以上50kWh未満 12円/kwh

となる見込みです。

価格の下げ幅は10kWh未満で昨年から―2円/kwh、
10kwh以上50kwh未満で-1円/kwhとなっており、
昨年度の下げ幅とおおよそ同じの見込みです。

詳しくは、下記のリンクを参照ください。



来年度以降は昨年にはなかった複数年の価格提示があり、かつ新たに創設されるFIP制度についても意見が交わされています。

新年あけましておめでとうございます

2021-01-01
カテゴリ:再生可能エネルギー,会社案内

出力制御に関する最後通告

2020-11-25
カテゴリ:再生可能エネルギー,太陽光発電,固定価格買取制度,電力申請
出力制御の案内が来て、それでもなお期限までに作業完了しなかった事業者に向け、最後通告ともいうような書類が送られてきました。
 
内容は簡潔で、「●月●日までに完了しないと契約を解除します」
 
というものです。
 
これはすでに連系をしている案件がこれにあたるので、窓口も各営業所になっているようです。
期限についても12月8日だとか12月20までだとかまちまちですが、いずれにせよすぐ対応が必要な内容で、今まで静観していた事業者もようやく重い腰を上げざるを得ない状況になりました。
 
発電所IDが出力制御には必要で通常1~2か月かかっていたのですが、この書類が送られることになってから最短1週間程度で発行されるようになったようです。
 
これにより、既存案件の出力制御についてはある程度終息したと思われます。
電力会社からの通知書

運転開始条件の厳格化(主に未稼働案件に対する対策:東北電力)

2020-11-02
カテゴリ:再生可能エネルギー,太陽光発電,固定価格買取制度,電力申請
ここ数年発電所への出力制御対応が盛んにおこなわれている東北電量管内ですが、主にまだ運転開始前で出力制御の申し込みをしていないものが宙に浮いているものがありました。
 
このたび電力会社から送られてきたダイレクトメールによると、
主に10kW以上の太陽光発電設備についてですが、
申込途中でまだ稼働していない案件について、出力制御の申し込みがちゃんとされなければ運転開始(連系)を認めないとの案内がありました。
 
このことから、休眠状態だった申請内容が掘り起こされ、一時的に設備発注等が増えるのではないかと考えられます。
 
(東北電力の案内:PDF)
本社所在地
仙台営業所所在地
TOPへ戻る
太陽光発電|風力発電|蓄電池|秋田県|秋田市|秋田|太陽光|風力|岩手|宮城|山形|青森|福島|O&M|メンテナンス|施工業者|光システム|PV|akita