本文へ移動

公共用太陽光

公共用太陽光とは、地方自治体などが予算を出して施工する設備です。
数年前までは震災以降の非常電源などの対策として数多く導入されてきました。
公共設備のため、基本的に売電はせず、発電された電気は設置された設備内で消費(自家消費)されます。
公共施設は、その施設自体が災害時の避難所としての役割を果たしている場合も多いことから、発電設備の多くが緊急時のための設備として設置されました。
 
公共工事に関しても数多くの実績もあります。詳しくは、施工事例をご覧ください。
本社所在地
仙台営業所所在地
TOPへ戻る
太陽光発電|風力発電|秋田県|秋田市|秋田|太陽光|風力|岩手|宮城|山形|青森|福島|O&M|メンテナンス|施工業者|光システム|PV|akita