本文へ移動

O&M事業

O&Mとは?

監視装置による発電確認、異常時の障害対応、定期的に行われる点検、設備維持管理のための草刈りなど
O&Mとは、(operation & Maintenance)の略で、一般に設備の運用及び維持管理のことを指します。
具体的には、
Operation(運転管理)
①監視装置などによる発電状況の確認
②異常時に復旧ができる体制
などにより設備が長期的に安定に稼働すること
Maintenance(保守点検管理)
③定期的な点検作業
④草刈りなどによる現場維持管理
などにより機器が正常に運転できる状態を確保すること
 
ですが、
 
2017年4月の改正FIT法施行後、事業計画の一環としてこれら管理体制が義務づけられました。
 
適切な対応を行っていなければ、設備の認定を取り消すなどの措置を行うとのアナウンスもあることから、
これから設備を設置される方も、あるいは既に設置されている方にも必ず行わなければならないものです。
雪害により変形した設備
これまで数多くの発電設備が国内に設置されてきておりますが、残念なことにこの「O&M」の対策を全くされていない設備が多く、危険な状態のまま放置されている設備も多くなっています。
 
右の写真は、積雪時の対応が不十分だったために、雪の重みで架台が変形してしまった例です。
 
設備をお持ちの方も遠方にお住まいの方のため、発電状況は確認できていたようですが機器が倒壊していることはしばらくしてから気づかれたようです。
このように損壊してしまった場合、保険加入有無を問わず、安全のために機器を停止する必要があり、
機器交換や補修など行っている間に発電ができない状態が続くことになります。
これは多大なる出費を招き、事業を考える上で大きなロスとなります。
 
以上のことから、既に太陽光発電設備を設置していて、監視システムなどを設置されていない方、
普段設備から離れた場所にお住まいで、ご自身の設備の状況を確認したい方は、ぜひ設置を推奨します。
弊社では定期的な管理や普段の設備の状況をインターネットで確認できる環境づくりをお手伝いできます。
 
詳しい内容につきましては、専用のページがありますのでご確認下さい。
 
また、このような内容について質問のある方、ご興味のある方は是非弊社までご連絡ください。
※弊社が参加している組織、新エネルギーサポーターのページです。
本社所在地
仙台営業所所在地
TOPへ戻る
太陽光発電|風力発電|秋田県|秋田市|秋田|太陽光|風力|岩手|宮城|山形|青森|福島|O&M|メンテナンス|施工業者|光システム|PV|akita