本文へ移動

蓄電池

蓄電池のある生活
蓄電池のイメージ
蓄電池とは、電気エネルギーを蓄えるバッテリーのことで、我々の日常にもなじみが深いものです。
 
太陽光発電と組み合わせて使うことによって、日中電気を使用しない場合でも蓄電池に貯めておくことで、夜間や災害時などに無駄なく使うことができます。
 
これまでは再生可能エネルギーで発電した電気は「全量売電」か「余剰売電」かが重大なテーマでした。
しかし国で決めている固定価格買取制度による価格も年々下落し、購入する電気代よりも安くなっている現状を考えると、売電するのではなくなるべく電気を買わずに再エネ発電による電気を使うという、本来の再エネの考え方になりつつあります。
余剰売電の場合、消費しきれない部分は売電に回されますが、再生可能エネルギーは一般に貯めておくことができませんので、太陽光発電により作られた電気を夜間などに使うことができません。
 
この問題を解決する手段として、「蓄電池」が用いられています。
蓄電池に太陽光の発電などで蓄えられた電気を夜間に使用することで、買う電気代を抑える働きがあります。
 
停電時には太陽光発電で作られた電気を非常用電源として使うことも可能です。
 
このように、蓄電池は電気を無駄なく使うための手段とも言えます。
 
本社所在地
仙台営業所所在地
TOPへ戻る
太陽光発電|風力発電|秋田県|秋田市|秋田|太陽光|風力|岩手|宮城|山形|青森|福島|O&M|メンテナンス|施工業者|光システム|PV|akita