本文へ移動

住宅太陽光

住宅太陽光とは

住宅太陽光は、主に住宅の屋根に太陽光設備を設置し、発電した電気の
一部を住宅内で消費し、消費しきれない分を売る、という仕組みで
余剰売電とも呼ばれます。
一般には
 
10kW未満の太陽光設備
 
のことを言います。
産業用に比べて売電単価は高めに設定されていますが、買取期間は稼働から10年間です。
 
産業用と比べても設置から稼働までにかかる時間が短く、かつ太陽光発電が世に出たころから主流となっております。
 
機器や施工単価も年々低下しており、弊社としましても長年培ってきた技術的な熟練もあり、お客様が安心して使える設備を提供できる体制が整っております。

住宅太陽光発電のメリット

本社所在地
仙台営業所所在地
TOPへ戻る
太陽光発電|風力発電|秋田県|秋田市|秋田|太陽光|風力|岩手|宮城|山形|青森|福島|O&M|メンテナンス|施工業者|光システム|PV|akita