本文へ移動

産業用太陽光

産業用太陽光とは

産業用太陽光は大規模な発電設備を設置し、主に発電した電気を売る(売電する)ことから、事業収入を遊休地などの利活用のために
用いられております。
基本的には10kW以上の設備であり、発電した電気はすべて
売電するため「全量売電」とも言われます。
買取期間は稼働から20年間です。
今までは売電単価のメリットを生かして広大な土地に設置する動きがありましたが、2017年度から固定価格買取制度の見直しが図られ、適度な規模の設備の運用に移行しております。
 
太陽光発電設備は、設備機器の性能UPや価格の低下傾向により、制度開始直後に比べて導入コストも安くなってきています。

産業用太陽光発電のメリット

土地を有効活用できる

産業用太陽光発電は、マンションやアパート、ビルの屋上、遊休地などに設置できます。そのため、使ってない屋上や土地が有効活用できます。

発電した電力を全量買い取ってもらうことができる

家庭用の太陽光発電は使い切れずに余った電気を売れる「余剰買取」ですが、10kw以上の産業用太陽光発電は、発電したすべての電力が売れる「全量買取」となります。

買取期間が20年間となる

10kw以上の太陽光システムを設置した場合、「売電価格」が20年間固定になります。
これは、設置した年の売電価格で20年間電気が売れる、ということです。
「余剰買取」の場合は、10年間固定制なので倍の期間同じ価格で電気を売れる、ということになります。
本社所在地
仙台営業所所在地
TOPへ戻る
太陽光発電|風力発電|秋田県|秋田市|秋田|太陽光|風力|岩手|宮城|山形|青森|福島|O&M|メンテナンス|施工業者|光システム|PV|akita